CentOSにheroku-toolbeltを使う & 始めてのherokuへのデプロイ

herokuはUbuntuを使っていると簡単に使えるようですが、CentOSを使っているとUbuntuほど簡単には設定できないようです。

今回はVagrantに入れたCentOSからRailsのアプリケーションをherokuへデプロイしたいので、heroku-toolbeltを使えるようにしていきます。

そこからそのまま始めてのデプロイをしてしまいます。

環境

  • ruby2.2.3
  • Rails4.2.5
  • CentOS6.7
  • heroku-toolbelt/3.42.22 (x86_64-linux) ruby/2.2.3
  • heroku-cli/4.27.3-9851327 (amd64-linux) go1.5.1

herokuのアカウントはすでに取得済みとします。

herokuのセットアップ

まずはherokuのセットアップをしていきます。herokuのげ

herokuの「Getting Started」ページを確認

herokuの「Getting Started with Ruby on Heroku」から「Standalone」を選択します。下記画像の赤線内です。

 


494413ec-7853-1e27-09ba-17d9d5e9d516
クリックすると、インストールするコマンドが出てくるのでこれを使います。

 

87f9b34a-5f42-2cf9-2d03-72140aa521d7

heroku-toolbeltのインストール

パス通せと言っていますね。

PATHを通す

適宜PATHを通す場所は変えてよいと思います。

herokuの確認

下記を行うとまずherokuのセットアップ始めました。

セットアップ後にこうなるとOKです。

herokuへデプロイ

herokuへログイン

ログイン時のID/PWでOKです。

herokuへアプリケーションの設定

アプリケーションが入っているところでお願いします。

herokuへデプロイ

以上でデプロイは終わりです。

heroku create したときに出てきたURLのhttps://damp-yyyy-xxxx.herokuapp.com/ へアクセスすると見れます。(これはサンプルですけど)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*