MySQLの古いバージョンを追加したyumリポジトリから入れる。

本家そのままですが。。

参考
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/linux-installation-yum-repo.html

LinuxにMySQLを入れる方法は下記をご参照ください。

CentOS7にMySQLをYumRepositoryで入れる

上記の方法でそのままMySQLをインストールするとリポジトリに設定されているバージョンが入ってしまうので、任意のバージョンを入れたい場合の方法のまとめです。

今回はmysql5.6を入れたいと思います。

現状のレポジトリを確認する

MySQLの本家からリンクアドレスをコピーしてくるだけです。

5.6が存在するか確認します。

出てきませんね。ちなみに5.7は出てきます。
EL7で標準インストールできるのは5.7のようです。

MySQL5.6をインストール可能にする。

下記のファイルを編集します。

いろいろ書いてありますが、下記のようにします。

もう一度確認してみます。

以上で該当のものが出てくるば問題ありません。

ちなみに上記のファイルに記載されているバージョン以前のものはこの方法ではできないようですが。。まあ、ほぼ使わないしいいかなとw

下記でもできるようです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*