CentOS6.6に最新のVimを入れる

はじめに

yumで入れるvimは古いため設定ファイルをいろいろな環境で共存させようとしたりすると不具合が生じます。

あとは個人的には必須アイテムのunite等が使えなかったりするので結構大打撃です。

Kaoriya Vim なんかを使っているとするとyumでインストールされるVimは結構使い物にならない気がします。

vimを入れる環境

念のため、今回入れる環境です。

バージョン

マシンアーキテクチャ

gitがなければgitを入れる

ここは割愛します。下記記事を参照していただけると嬉しいです。

さくらVPSで借りたCentOSでLAMP環境のセッティング

vimを入れる

まずはGitからvimの最新のソースを持ってくる。

ユーザー共通にするために/usr/local/src以下におきます。

buildに必要なものをゲットする

Lua拡張できるようにする

「Lua」とはご存知の方は多いと思いますけど、プログラミング言語の一つです。特徴は移植性が高くて非常に高速なんだそうです。

build します

再構築

再構築する際のメモ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*