bundlerを使って、passenger5の導入

Railsの開発のときはwebrickでも全く問題ないのだが、個人的にはVagrantを開発環境で使っているのでわざわざもうひとつウェブサーバーを立てることが非常にめんどくさかったので、passengerを使ってApacheで動かすことにしました。そのときのメモです。

全体でやること

  • passengerのインストール
  • passengerの設定
  • VirtualHostの設定

apacheのインストールとかVirtualHostの詳細の仕方とかはは割愛します。

まずはpassengerを bundle install

追加したら

確認して、存在していればOK!

passengerの設定

まずこいつをpassengerの諸々の為に行うそうです。

このあとはとにかくコンソールが動きます。途中で、なんのプログラミング言語を使うの?などを聞かれるので、その辺は適宜回答してください。

最後の方で、apacheのconfに書き込む設定を吐き出すので、それを忘れずにメモ。

上記をコピペしないで、コンソールに表示されたものをちゃんと使いましょう。念の為。

VirtualHostの設定

passengerを使いところに上記で、メモしたものを記載すればOK。

今回では諸々開発環境があるので、外だししVirtualHostの設定ファイルに追記します。

冒頭に先ほどのファイルのコピペ。

それ以降はVirtualHostの設定です。railsの場合はappフォルダの下のpublicをDocumentRootに設定するので注意が必要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*