rails4にckeditorを導入(carrierwave、mini_magick使用)

追記 & 注意!

多分バージョンが上がったばっかりだと思うのですが、ckeditor4.2だとエラーが出てうまくアップロードの部分が動きませんでした。遅くらrails5用なんでしょう。
なので4.1.xの最新を使いましょう。

ckeditorはなんだかんだ定番です。

なんだかんだ定番のwysiwygです。デザインがちょっと古くさかったりなど思うところはあれど、wysiwygに求めていることは一通りやってくれるので重宝します。

今回は導入から、ツールバーの編集と、rails4で出てくるエラーの解消についてまとめました。

いくつか一緒に使うgemはあるようですが、今回は

  • carrierwave
  • mini_magick

を併用します。

インストール

ここはほぼお決まりのことをします。

jsの追加

application.jsに下記を追加する。

viewへの実装

form_forに実装する場合は、下記で実装可能です。

simple_formを使っている場合は下記のような形で使用できます。

ツールバーの機能をFULLにしていると多すぎて鬱陶しいという方もいると思いますので、その場合はminiに設定しましょう。

ここまでで画像以外の最低限の設定は完了です。

画像アップロードをするための設定を行う。

まずは必要なものをインストールします。

マイグレーションファイルが生成されるので、実行しましょう。

これですでに一通りの事ができるはずです。

ツールバーをカスタマイズする。

ツールバーをカスタマイズにするには、まずgemの中にある設定ファイルを持ってくるのが手っ取り早いです。

assets/javascripts/の中にckdeditorというディレクトリを作成してconfig.jsというファイルを作成してあげると、そちらを優先して読み込んでくれるみたいです。

設定ファイルの中身は内容はいろいろあるんですが、ツールバーを設定するには下記の部分を編集していくと良いかと思います。

ファイルの中身に描いてある、設定内容でなんとなくその機能を指しているかはわかると思います。

「Sprockets::Rails::Helper::AssetNotPrecompiled in Ckeditor::Pictures#index」を解消する。

原因は正直イマイチわかっていませんが、「Sprockets::Rails::Helper::AssetNotPrecompiled in Ckeditor::Pictures#index」というエラーが出ます。

production時にコンパイルされてなく、見つからないファイルがあると出るエラーのようですが、開発環境でもこれが出てしまいます。

下記をconfig/initializers/assets.rbに記述するとこのエラーが解消されます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*